ベクター形式のイラストとは


イラストを紹介しているページには良く「ベクター」という言葉が出てきます

一般的な画像は小さな点ごとにデータを持った「ラスター」という形式です
ビットマップとも呼ばれます

拡張子としては以下になります
.jpg
.jpeg
.gif
.bmp
.png
.tiff

ベクターとは数学に出てくるベクトルのことです
ある座標から距離と方向で表されるデータということです

この形式で作られた画像は拡大しても、ドットが粗くなるといったことがありません
イラストの作り方も、ラスターの画像の作り方とは異なるようです

拡張子としては以下のようなものがあります
.ai
.eps
.svg
.dxf
.emf
.wmf

スポンサーリンク





.aiはAdobe illustrator専用の形式

プロのイラストレーターなどが使用しているAdobe illustratorというソフトで作成されたデータは拡張子に.aiが付きます

この形式のデータを作成するためにはAdobe illustratorが必ず必要になります
また、この形式のデータを読み込むためにも基本的にはAdobe illustratorが必要です

Adobe illustratorは12か月製品版が16,589円と高額なため、ちょっと画像を見たいといった場合には困ってしまいます
同じ.ai形式でも保存するときにPDFのデータを含める方法で保存されている画像もあります
その場合には無料のAdobe Readerなどで開くことができます

.epsは様々なグラフィックソフトで開くことができます

Adobe illustratorを使って作ったデータでも、もっと一般的な形式で保存することができます
.epsの拡張子を持ったデータもその1つです
ベクター形式の画像を別のソフトで扱いたいといった場合にはこの形式で保存することになります
ただ、Adobe illustratorの独自のデータなどは保存できません

ベクター形式の画像を作成できる無料ソフトInkscape

ベクター形式の画像を作成したいといった場合
無料で使えるフリーソフトもあります

InkscapeはAdobe illustratorに近い感覚で使えるソフトです
ベクター形式の画像の入門として最適のソフトです

Inkscapeはこちら

ベクター形式の無料画像

イラストACは多くの方が自分のイラストを投稿しています
会員登録をすれば無料で様々なイラストが入手できます

.aiや.espの形式で投稿されている画像もあります

ベクターデータのイラストなら【イラストAC】

ガーリー素材は女性らしいイラストがAdobe illustratorを使って作られています
.eps形式の素材が無料で利用できます

ガーリー素材はこちら

スポンサーリンク
2017年6月4日 ベクター形式のイラストとは はコメントを受け付けていません イラスト